着物(浴衣)は孫からひ孫へ

結婚して遠くに住む娘に浴衣一式を送ったら
着たよー
と写真が送られてきました
b0052125_21133992.jpeg
この浴衣は
私のために私の祖母が縫ってくれたもの
(30年以上前の話です)
この帯は
浴衣に合わせて私の母が用意してくれたもの

着方にはいろいろ難点もあるけど
自分で着ようとしてくれたこと
私の祖母や母の思いが継がれていくこと
とっても嬉しい一枚の写真です

私の明治生まれの祖母は
なんでもできる人で
叔母たちは
浴衣を1日で仕立てられないようじゃダメ
と言われたそうです
昔の人は スゴイ!
そして
浴衣も着物も
古い物でもちゃーんと着れちゃうのが
スゴイ!!



by akemifa | 2016-09-06 21:10 | 着物(和裁) | Comments(4)

Commented by ひらめのひ at 2016-09-07 13:15 x
浴衣を一日で⁉ そんなー( ω-、) 昔の躾は厳しかったのね。

それにしてもひ孫さん……お嬢さんの浴衣姿の素敵なこと‼ 写した方が「素敵だ」と思ってシャッター押されてることが伝わってきます。

ホントにお似合い*。・+(人*´∀`)+・。* 着物って良いなぁ( *´艸`)
Commented by えぞももんが at 2016-09-07 15:55 x
ほんと!
とっても素敵な浴衣の写真です

そして そうですね
昔の人は 仕事も根性も すごかったですね
反省 反省

来年の夏は 浴衣 
着てみようかと思います
本当に(笑) 

Commented by akemifa at 2016-09-08 06:42
ひらめさん
そう言われてみれば…
こういうアングルの写真はなかなかないよねー。たぶん娘の連れ合いが撮ってくれたんだと思うけど…
そっかぁ〜。改めて婿さんに感謝だわ〜。
浴衣姿の娘のことばかり思って、撮ってくれた婿のことはすっかり失念してました。気づかせてくれてありがとうございます!
Commented by akemifa at 2016-09-08 06:51
えぞももんがさん
ありがとうございます。

来年は浴衣
「本当に」着ましょう!
「浴衣でランチ」を企画しまーす!

<< 三升漬けの失敗! チャリティー工芸展「手仕事と花」 >>